ダイエットのために筋トレしても痩せない!?正しい方法を理解して解決‼︎

ダイエットをしようと思って始めた筋トレ。

理想のスタイルを目指して努力しているものの、なかなか結果が出ない

「結局筋トレをしても痩せないのかなぁ」と悲しくなり、諦めたくなりますよね。

もしかしたら、あなたの筋トレのやり方は間違っているのかもしれません

このままでは、せっかくの努力が水の泡になってしまいます。

そこで今回は、ダイエットに効果的な筋トレの方法を解説します!

そもそも「筋トレをすると痩せる」メカニズムとは?

パターン①筋トレで脂肪燃焼する!

ここで注意したいのが、「筋トレ=脂肪燃焼」ではないということです!

間違った筋トレをしていると、脂肪燃焼どころか、筋肉がついて逆に身体は大きくなってしまうのです。

脂肪燃焼とは「脂肪」をパワーに変えることを言いますが、人間は、まず「血液中の糖」をパワーに変えています。

血液中の糖をパワーに変えて使い切ると、ようやく脂肪をパワーに変え始めます。

そのため、脂肪を燃焼させるためには20分以上の運動が必要です。

まとまった時間継続して運動をすることが大事なので、強度の低い有酸素運動が効果的です!

強度を上げて、短時間で有酸素運動をしても「血液中の糖」が使われるばかりで、痩せることはありません。

ジョギングなどの有酸素運動を20分以上し、脂肪燃焼をすることが何よりも大切です!

また、汗をかくとなんだか達成感がありますが、これは脂肪燃焼とは関係ありません。

身体の中の水分が減り、一時的には体重が落ちますが、すぐ元の体重に戻ります。

汗をかくことを目的にしないように注意しましょう。

パターン②筋トレで基礎代謝を上げる!

人間は運動をしなくても、生命の維持のためにカロリーの消費をします。

これを基礎代謝と言い、基礎代謝を高めれば痩せやすい身体になるのです。

基礎代謝を上げるためには、筋肉をつける必要があります。

大きい筋肉を鍛えるほど基礎代謝を上げやすく、効果的です。

基礎代謝を上げておけば、ダイエット後のリバウンドの心配はグッと減ります

つまり、これら2つのパターンを踏まえたダイエットをすれば、痩せることができるのです!

そのための筋トレ黄金メニューは、「開始20分間は大きい筋肉のトレーニングを行い、その後、有酸素運動を時間が許す限り続ける」というものです。

筋トレしても痩せない人の特徴

しかし、黄金メニューを実践してもなかなか痩せない人がいます。

そういった方々にはある特徴があります。

ついつい食べちゃう人

「筋トレ頑張ったからご褒美にスイーツ食べちゃお」という方は、多いですよね?

気持ちはわかりますが、せっかく消費したカロリーを摂取してしまったらプラマイ0です。

頑張ったからこそ、甘い物を食べたい気持ちをぐっとこらえましょう。

それでも、筋トレをすると、どうしても食欲が爆発してしまい、堪えられないものですよね。

我慢できないときは、食べる量を増やしても良いですが、栄養には気をつけましょう。

肉や魚、タマゴはタンパク質が多くおすすめですが、ご飯などの炭水化物はおすすめできません。

脂質や糖分は我慢しましょう。

軽すぎる負荷の筋トレをしてる人

基礎代謝を上げるために、筋トレをする必要がありますが、軽すぎる負荷のトレーニングをしていても効果的ではありません。

適度な負荷の目安としては、「ギリギリ10回できる」ことです。

「ギリギリ」というのがポイントで、10回終わった後に「もう無理〜!」と思う負荷をかけてトレーニングしましょう。

頻度が少ない人

痩せるためには、週3回は筋トレをする必要があります。

身体を変化させるためにはこれぐらいの頻度が必要で、少ないと効果は出にくいです。

逆に、多すぎると身体の疲労が取れず、怪我に繋がる危険性もあるので注意しましょう。

筋トレで痩せたい人が心がけるべきこと3選

痩せたら何をしたいかという目的を持つ

「何のためにダイエットをするのか」を強く意識し続けることが一番大切です。

筋トレを1日だけめちゃくちゃ頑張っても痩せることはできません。

継続することで、段々と痩せていきます。

しかし、結果が出ないと続ける気持ちが弱くなってしまいます。

ダイエットは、誰かに強制させられているものではないので、自分が止めようと思えば止めることができます。

自分の弱さに負けないためにも、「何のためにダイエットをするのか」ということを常に忘れないようにしましょう。

ストレッチをする

ストレッチの効果を軽視してはいけません。

実は、ストレッチと筋トレには深い関係があるのです。

柔軟性を高めることで使える筋肉の範囲を広げると、筋肉全体をトレーニングをすることができるようになり、筋トレの効果が高まります。

冬場など身体が縮まっている時には、特に効果があります。

また、怪我の予防にもなるので、筋トレの前にはストレッチをするようにしましょう。

効率よく痩せられる筋肉を鍛える

人間の筋肉は、600種類以上あります。

その中でも、基礎代謝を上げるためには、より大きな筋肉を鍛えると効果的です!

次の章で紹介していきます。

効率よく痩せるために鍛えるべき筋肉とは?

大腿四頭筋

ふとももの筋肉です。

体重を支えている筋肉で、人間の中でも一番大きな筋肉です。

階段を登る時など、膝を伸ばす時に使われます。

トレーニングメニューは、スクワット、ジムに通う方なら、レッグプレスやレッグエクステンションが効果的です。

大臀筋

お尻の筋肉です。

この筋肉を鍛えることで、ヒップアップ効果も得られます。

日常で意識することはあまりない筋肉ですが、足を後ろに伸ばす時などに使います。

トレーニングメニューは、スクワットやヒップリフトが効果的です

広背筋

背中の筋肉です。

この筋肉を鍛えることで、猫背の解消にも効果的です。

肩甲骨を内側に寄せる時に使う筋肉です。

トレーニングメニューは懸垂や、ジムに通う場合はラットプルダウンが効果的です。

ダイエットは「正しい方法で継続すること」が大事!

筋トレで痩せるためには、「脂肪を燃焼させる」「基礎代謝を上げること」が重要です。

そのために、正しい方法を身に着ける必要があります。

そして何よりも、それを継続すること!

心が折れそうな時は「何のためにダイエットをしているのか」、「どんな身体になりたいのか」という目的とゴールを思い出して頑張りましょう!

よく読まれている記事

1

困る女性ゼクシィ見て良さそうだと思って、式場見学に行ったけどなんか違った! 仕事が忙しくて、式場を探している時間がない! 結婚式場はたくさんの種類や特徴があって選ぶのが難しいですよね。 「でも、一生に ...

2

オーディオブックは本を耳で楽しむことができる本の朗読サービスです。 手を使わないのでスマホや本を出すことすら厳しい満員電車の中や、食器を洗っているときなどに大活躍します。 私は通勤時間に、オーディオブ ...

3

困る女性オンラインフィットネスって、どこのがいいんだろう? 自宅で気軽にトレーニングができるオンラインフィットネスが流行っていますが、種類が多くてどれを選べば良いか迷ってしまいませんか? そこでおすす ...

© 2020 かっぷログ