同棲カップルにおすすめなベッドの大きさと確認しておくべきこと

困る女性
同棲するときのベッドの大きさって何がいいんだろう?

とりあえず、1人暮らしのときのベッドに2人で寝ればいっか。
困る男性

同棲する際、ベッドの大きさに迷う方も多いと思います。

同棲を始めるにはいろいろと費用もかさむので、ベッド選びを後回しにしていませんか?

しかし、同棲をする際にベッドを選ぶことは非常に重要です!

そこで今回は、同棲を始める際、なぜベッド選びが大切なのか、お互いがゆっくりと眠れる環境を整えるにはどのようなベッドが良いのかご紹介します。

ベッド選びはとても大事!合わないベッドだと後悔する

睡眠は、1日の疲れをとるのにとても重要です。

自分に合わないベッドだと、眠りが浅く何度も起きたり、身体が凝ったりしてしまいます

ぐっすり眠れないと疲労が蓄積し、イライラして他のこともうまくいかず、さらにイライラする・・・負のループに陥ります。

特に、同棲をしているとパートナーと過ごす時間が長くなり、自分のイライラをパートナーに当たってしまうこともあるかもしれません。

こんなことで、楽しい同棲生活を台無しにはしたくないですよね。

そのため、同棲するにあたって、ベッドを選ぶことはとても大事です!

お互いに快適な睡眠が取れるベッドを購入しましょう。

ベッドを決める前に確認しておくべきこと

ベッドを選ぶ前に、お互いの睡眠時の状況や生活リズムを確認しておくことが大切です。

1人1人、快適と感じる睡眠環境は違います。

まずは、お互いのことをよく理解し、どのように寝たいかをよくすり合わせておきましょう。

お互いの寝相

悩む女性
彼の寝相が悪くて、いつも蹴られて夜中に目が覚める。

どちらかの寝相が悪いと、パートナーの睡眠を邪魔してしまいかねません。

特に、狭いベッドではパートナーとの距離も近くなるため、寝相が悪いことによるストレスを、より感じやすくなります。

寝相が悪いと事前に分かっていれば、大きめのベッドにするなどの工夫で快適な睡眠環境を整えることができます。

まずは、お互いの寝相が良いのか悪いのか確認しましょう!

お互いの生活リズム

悩む男性
彼女が夜型で寝るのが遅いから、途中でベッドに入られると目が覚めちゃうんだよな〜

お互いに生活リズムが異なり、寝る時間や起きる時間が異なると、どちらかが寝起きする行動で目が覚めてしまうこともあります。

これでは、快適な睡眠が難しいですよね。

お互いに生活リズムが異なる場合は、寝室を分けたり、ベッドを分けたりといった工夫をすることも必要です。

ベッドを選ぶ前に、お互いの生活リズムを確認しましょう!

暑さ・寒さの感じ方の違い

[st-kaiwa54]彼が暑がりで冷房ガンガンにかけるから寒くて寝れない[/st-kaiwa4]

暑さや寒さは、人によって感じ方に違いがあります。

同じベッドで寝る場合でも、暑さや寒さの感じ方の違いによって、掛け布団を分けるなどの工夫が必要です。

事前に確認しておきましょう!

収納の有無

同棲の場合、あまり広くない家に住まなければいけないカップルも多いと思います。

その中で、ベッドは多くのスペースを占める家具です。

クローゼットの収納で十分な場合は良いですが、クローゼットだけでは衣類が収まらない場合には、収納付きのベッドがおすすめです!

荷物の量や居住スペースも加味してベッドを選びましょう

また、寝る前に本を読むような方であれば、そのまますぐに寝れるように本を置いておけるスペースがついているベッドを選ぶのもいいですね!

同棲におすすめのベッドサイズ

1位:クイーン

クイーンサイズは、横:160cm×縦:195cmです。

2人で手足を伸ばしても余裕があり、ゆったりと眠ることができます。

お互いの生活リズムが異なっている場合や、寝相が悪い場合でもパートナーの眠りを妨害しにくいです。

また、いずれは家庭を築くことを視野に入れている場合には、子供が産まれても川の字で寝ることもできるのでおすすめです!

2位:ダブル

ダブルサイズは、横:140cm×縦:195cmです。

一般的に、2人で寝るにあたり最低限のサイズと考えられています。

しかし、お互いに細身であればダブルサイズでもゆとりがありますし、仲良くくっついて寝たいというカップルにはおすすめです。

ただ、少し離れて眠りたいカップルやや寝返りをよくうつ場合には、少し小さいと感じるかもしれません。

3位:シングルベッド2台

シングルベッド2台を並べるという方法もあります!

シングルベッドは、横:97cm×縦:195cmであり、2台並べるとクイーンサイズよりも広々と寝ることができます。

今後ライフスタイルが変化し、寝室を分ける場合でも対応しやすいです。

ただ、並べても隙間が生じてしまうので、2人で仲良く寝たい方にはあまり向いていません。

また、大きいサイズのベッドを1台買うよりもやや高額になるので、コストを抑えたいカップルにはあまり向いていないかもしれません。

セミダブルはおすすめできない

セミダブルサイズは、横:120cm×縦:195cmです。

シングルサイズでも、横:97cm×縦:195cmあるので、セミダブルで2人で寝ると、これまでよりもかなり窮屈に感じられます。

一時的な使用であれば大きな問題はないかもしれませんが、長年使うことを考えるとあまりおすすめできません。

2人で話し合ってベストなベッドを手に入れよう!

同棲を始めは良いものの、良く眠れないという悩みがあると、疲れが取れずイライラが募ってしまいます。

それが原因で、今まで仲が良かった関係性にまで影響してしまうこともあります。

せっかくの楽しい同棲生活を満喫するためにも、お互いがよく眠れる環境を早いうちにしっかりと整えましょう。

そのためには、お互いが納得する形を取ることができるよう、2人でよく話し合うことが必要です。

話し合いを重ねて、自分たちの生活スタイルにふさわしいベッドを見つけてくださいね!

あわせて読みたい

よく読まれている記事

1

困る女性ゼクシィ見て良さそうだと思って、式場見学に行ったけどなんか違った! 仕事が忙しくて、式場を探している時間がない! 結婚式場はたくさんの種類や特徴があって選ぶのが難しいですよね。 「でも、一生に ...

2

オーディオブックは本を耳で楽しむことができる本の朗読サービスです。 手を使わないのでスマホや本を出すことすら厳しい満員電車の中や、食器を洗っているときなどに大活躍します。 私は通勤時間に、オーディオブ ...

3

困る女性オンラインフィットネスって、どこのがいいんだろう? 自宅で気軽にトレーニングができるオンラインフィットネスが流行っていますが、種類が多くてどれを選べば良いか迷ってしまいませんか? そこでおすす ...

© 2020 かっぷログ