飲み物代を節約して毎月1万円も削減!?誰でもできる方法をご紹介

日常生活で、飲み物ってどうしてますか?

会社に行くときにお茶を買ったり、休憩中にコーヒーを買ったりと、飲み物代って意外とばかにならないですよね。

実際、私も毎月約15,000円以上もかかっていました。

しかしいろいろと工夫をすることで約10,000円ほど節約することができるようになりました。

今回紹介するのは、誰にでも実践できる方法ばかりなので是非参考にしてみてください。

この記事でわかること

  • 飲み物代を節約する方法と実際に節約できる金額について
  • 水筒を活用して節約する方法
  • オフィスでの飲み物はこうして節約しよう

そもそも飲み物代はいくらかかる?

みなさんは、飲み物代に毎月いくらぐらいかかっているか把握していますか?

おうちで飲むお茶や、外出先でついつい買ってしまうコーヒーなど、実はこんなにお金がかかっているのです!

おうちでペットボトルのお茶を毎日1L飲んでいる場合

水道水をそのまま飲むのは抵抗があったりと、おうちでペットボトルのお茶を飲んでいる方は多いのではないでしょうか。

2Lのお茶のペットボトルは約180円

1日1L飲むとすると2日で1本なくなるので、1ヶ月だと・・・

180円×30日/2=2,700円

毎日ペットボトルのお茶を1本買っている場合

外出時に、毎日ペットボトルのお茶(500ml)を買うこともありますよね。

1本150円なので、これを1ヶ月続けると・・・

150円×30日=4,500円

結構するんですね。

毎日缶コーヒーを1本買っている場合

缶コーヒーは1本あたり約120円。

これを1ヶ月毎日買い続けたとすると・・・

120円×30日=3,600円

年間だと43,200円もかかっているんですね。

ちなみに・・・もりの1ヶ月の飲み物代は?

もり
同棲する前は飲み物は全部買ってたから、結構お金かかってたな~

同棲を始めてからは、飲み物代を節約するようになりましたが、以前は特に意識せず、喉が乾いたら飲み物を買っていたので、こんなにお金がかかっていました。

朝 コンビニお茶 1本150円
昼 コンビニコーヒー 1缶120円
夕 コンビニジュース 1本150円
朝夜 家お茶 1L90円
合計510円

1ヶ月で考えると・・・

510円×30日=15,300円

こんなに飲み物に消えてたなんておそろしいですね。

飲み物は自家製で節約しよう!!

毎日飲み物を買っていると、どうしてもお金がかかってしまいますよね。

買うとお金がかかるなら、自分で作るしかありません。

自家製の飲み物で節約しましょう!

お茶を自分で作るとこんなにも節約!!

もりこま家では、おうちで飲むお茶を手作りしています。

購入しているのはこちらの麦茶パック!!

お店にもよりますが、私は近くのスーパーで54パック入りで250円で購入しました。

ネットの方が安いですね。

1パックで1Lできるので、これだけで54L分のお茶ができます。

ちなみに、お茶を作るときにはこのボトルを使用しています!

これは密閉できるため横に寝かせて冷蔵庫に入れておくこともできます。

もりこま家の冷蔵庫はあまり大きくなく、扉のポケットは牛乳等の紙パックを優先しておいているので、横に寝かせられるのはとても便利です。

また、このボトルは熱湯OKです!!

もりこま家には浄水器がなく、水道水をそのまま使うのに少し抵抗があるので、熱湯を注いでお茶を作れるというのもかなりのメリットです。

これだけでも、もりこま家のお茶代が大きく節約できました。

飽きちゃう場合はこんなアレンジも!

もりこまは麦茶ばかりでは飽きてしまうので、いろんなお茶パックを使ってアレンジしています。

ここでは、一押しのものから3つご紹介します!

第1位:ルイボスティー

こちらのルイボスティーがお気に入りです。

ノンカフェインなので、寝る前に飲むのにもおすすめです!!

第2位:ほうじ茶

香ばしい匂いが特徴的なほうじ茶はリラックス効果も高いそうです!!

第3位:緑茶

カフェインが豊富なので、眠い時にもぴったりです!

コーヒーを自分で作るとこんなにも節約!!

コーヒーもこちらのコーヒーメーカーを購入し、自分で作っています。

1杯あたり約25円でつくることができます。

また、夏にはアイスコーヒーをボトルで作って楽しんでいます。

こちらも1杯あたり約25円なので、お得です!

変更前変更後
朝 コンビニお茶 1本150円2.3円
昼 コンビニコーヒー 1缶120円25円
夕 コンビニジュース 1本150円150円
朝夜 家お茶 1L90円4.6円
合計510円182円

年間だと、なんと(510‐181.9円)×365=119,756円の節約になりました!!

飲み物を持ち歩いてペットボトル代を節約!おすすめの水筒は?

おうちでの飲み物を自分で作ることだけでもかなりの節約になりますが、作った飲み物を水筒で持ち歩き、外出先でも飲み物を買う回数を減らすと、さらなる節約になります!

水筒のメリットはほかにも!!

水筒は節約になるだけでなく、ほかにもこのようなメリットがあります!!

保温・保冷が可能!!

ペットボトルの飲み物って、持ち歩いているうちにぬるくなってしまいますよね?

その点、水筒は温度をキープできるので、長時間持ち歩いてもいつもおいしく飲むことができます。

鞄の中が濡れない!!

ペットボトルはボトルの周りに段々と水滴が付き、バッグにいれておくと鞄の中が濡れてしまったという経験はないでしょうか。

水筒であったら、そういった心配もありません。

おすすめの水筒はこれ!!

もりが実際に使っていておすすめなのが、こちら!!

  • パッキンを外して洗うことができる!(もりは1度パッキンをなくしましたが、パッキンだけを再購入することもできました。)
  • バッグの中に立てて入れられるちょうどよいサイズ感!
  • カラーバリエーションが豊富なので、自分の好みに応じて選べる!

コスパ重視の水筒はこれ!!

水筒の中でもっともコスパがいいのは、100均の水筒です。

ちょうどよいサイズで、ちゃんとパッキンもついているので漏れる心配はありません。

ただ、保温・保冷機能はないので、時間とともにぬるくなってしまいます。

また、水筒の周りにも水滴がついてしまいます。

しかし、保温・保冷機能付きの水筒よりはかなり軽いので、特に女性におすすめです。

会社にはマグカップをおいといて節約!

飲み物を持ち歩くのは節約になるけど、1日中同じ飲み物を飲んでいると飽きちゃいますよね。

そこでおすすめなのが、会社にマグカップを置いておくこと!!

インスタントコーヒーやスティック状のカフェラテなどを買い、マグカップで作るとお得です。

最近は、ウォーターサーバーが設置してある会社も増えてきているようなので、ぜひ試してみてください!

飲み物代を節約して生活にゆとりを作ろう!

このようにして私は、月の飲み物代を15,000円から5,000円に削減することができました。

このお金は貯金に回しています。

少々手間はかかりますが、大きなストレスなく節約ができています。

飲み物代というのは、何歳になってもかかってくる費用だと思うので、早いうちから抑える生活に慣れておきましょう!

こちらの記事もおすすめ!↓ ↓ ↓

同棲生活でできる無理のない節約術10選 1年間で30万円節約した方法を大公開

よく読まれている記事

1

困る女性ゼクシィ見て良さそうだと思って、式場見学に行ったけどなんか違った! 仕事が忙しくて、式場を探している時間がない! 結婚式場はたくさんの種類や特徴があって選ぶのが難しいですよね。 「でも、一生に ...

2

オーディオブックは本を耳で楽しむことができる本の朗読サービスです。 手を使わないのでスマホや本を出すことすら厳しい満員電車の中や、食器を洗っているときなどに大活躍します。 私は通勤時間に、オーディオブ ...

3

困る女性オンラインフィットネスって、どこのがいいんだろう? 自宅で気軽にトレーニングができるオンラインフィットネスが流行っていますが、種類が多くてどれを選べば良いか迷ってしまいませんか? そこでおすす ...

4

サブスク音楽配信サービスは毎月決まった金額を支払うことで、音楽が聴き放題なサービスです。 CDや1曲ずつ購入するのと比べて非常にお得に音楽を楽しむことができます。 しかし、今は音楽のサブスクサービスが ...

© 2020 かっぷログ