ライフ

教習所の予約が取れない!そんなときに取る行動や予約のコツとは?

自動車免許教習所の技能教習の予約って、なかなか取れないですよね。

教習所に通える期間は決まっているので、卒業までに間に合わなくなるのではないかと不安になることも…。

困る女性
教習所の予約が取れなくて、困ってる…
教習所で予約が取りやすくなるコツとかあるのかなぁ
悩む女性

実際のところ、技能教習の予約を取るためには、一工夫が必要です。

そこでこの記事では、

  • 技能教習の予約が取れないときにするべき行動
  • 技能教習の予約をスムーズに取るためのコツ
  • 合宿免許を選ぶことで教習がスムーズに進む理由

について解説していきます。

スムーズに教習所を卒業するためにすべきこととは?【教習所の技能予約が取れないとき】

教習所の技能教習の予約は、同じ時間帯に希望者が殺到してしまい、取得しづらいことが往々にして起こります。

そのため、スムーズに教習所を卒業するためには、工夫をする必要があります。

技能教習の予約が取れないときの3つの行動

技能教習の予約が取れないときには、他に免許取得するために必要なことを先に終わらせておきましょう。

また、実際に技能教習を受けるときのために事前準備を進めておくのも重要です。

具体的には、

  • 先に学科教習を進めておく
  • 技能教習の本(テキストブック)をしっかり読んでおく
  • 家で技能教習のイメージトレーニングをする

といったことが挙げられます。

わかりやすくひとつずつ、解説していきます。

行動①先に学科教習を進めておく

技能教習を受ける前に、学科教習を進めておきましょう。

理由は、技能教習が進んだ先にある「みきわめ」や「検定」へとスムーズに進めなくなる可能性があるからです。

例えばみきわめを受ける際には、学科教習が終わっている必要があります。

みきわめが終わらなければ、卒業検定や終了検定を受けることもできません。

技能教習を受けられない間は、学科教習を進めておきましょう!

行動②技能教習の教本(テキストブック)をしっかり読んでおく

技能教習でつまづくことがないように、教本(テキストブック)を読み込んでおくことも大切です。

なぜなら技能教習の際には、教本で得られる知識が非常に参考になるからです。

例えば道路標識の見方などは、技能教習をする際には頭に入れておかなければいけません。

隣に座っている教官からお叱りを受けながら運転するのは、なかなか心苦しいですよね。

知識不足が原因で技能教習の運転に支障が出ないように、事前に教本でしっかりと勉強を進めておきましょう。

行動③家で技能教習のイメージトレーニングをする

家でくつろいでいるときなど、技能教習を受けていない時にも、自分が運転をしているイメージを浮かべておくことは効果的です。

そうしておくことで、実際に技能教習で運転をする際に、リラックスして取り組むことができるようになっていきます。

例えばアスリートも、本番に臨む前には徹底的にイメージトレーニングの練習を積んでいます。

だからこそ、本番で練習と同等か、それ以上の結果を残すことができるのです。

技能教習の場合では、運転コースを覚える際に、図面だけでなく実際のコース映像をイメージしておくことが大切です。

お風呂にゆっくり浸かっているときなどに、イメージトレーニングを試してみましょう。

技能教習の予約をスムーズに取るための3つのコツ

技能教習の予約をスムーズに取るためには、

  • 繁忙期を避けて予約する
  • 予約優先オプションをつける
  • キャンセルが出るのを待つ

という点を抑えることが重要です。

では、ひとつずつ見ていきましょう。

コツ①繁忙期を避けて予約する

繁忙期と閑散期では予約の取りやすさが段違いなので、繁忙期を避けて予約するようにしましょう。

教習所の繁忙期は、2~3月と7~8月です。

2~3月が繁忙期である理由は、新生活が始まる前だからです。

新生活が始まってしまうと、忙しくて教習所に通う時間がなくなります。

そのため、その前に自動車免許を取ってしまおうとする人が増えるのです。

また、7~8月に繁忙期になる理由は、夏休みの期間だからです。

大学生を中心に、暇な時間を使って自動車免許を取ろうとする人が増えます。

繁忙期は特に割引などのキャンペーンも必要なく人が集まるので、閑散期に比べると割高の料金がかかる教習所もあります。

スムーズに免許を取得するためにも、できるだけ繁忙期を避けて予約するようにしましょう。

コツ②予約優先オプションをつける

優先予約オプションとは、その名の通り、優先予約を取ることができるシステムです。

優先予約を取ることにより、ほぼ確実に希望日に技能教習の予約を取ることが可能で、自分のペースで実技講習を受けられます。

費用はおよそ、2万円程度です。

高いように思いますが、期限内に教習所を卒業できなければ、最初に納めた教習所料金は返ってきません。

そのため、保険だと捉えて付けておくことをオススメします。

教習所によっては、後から予約優先オプションを追加することが可能な教習所もあります。

予約が取りづらいと思ったときには、教習所に確認をしてみましょう。

コツ③キャンセルが出るのを待つ

当日キャンセルが出るのを、辛抱強く待ちましょう。

実際に予約していても乗車直前になって、何らかの都合でキャンセルをしてしまう教習生が稀にでてきます。

特に朝一番の時間帯は寝坊してしまったり、お昼過ぎの時間は急きょ予定が入ってしまったりする人が多くいます。

その空いた時間を狙って教習所の待合室で待っていると、追加募集のアナウンスが流れて技能教習を見てもらえることがあります。

確実ではありませんが、当日キャンセルが出るのを期待して待つのもひとつの手となります。

合宿免許なら教習がスムーズに進む!3つのおすすめポイント

合宿免許を利用すると、教習所に通うよりもスムーズに免許取得をすることができます。

オススメのポイントとしては、

  • 約2週間で免許を取得できる
  • あらかじめ教習スケジュールが組まれているので予約不要
  • 通学より低価格に抑えられる

という3つが挙げられます。

ポイントごとに、ひとつずつ見ていきましょう。

ポイント①約2週間で免許を取得できる

教習所に通うと2~3ヵ月かかる免許取得を、約2週間で終わらせることができます。

なぜなら、学科教習や技能教習を効率よく受けることができるからです。

例えば学科教習の開催日を待つ必要はありませんし、技能教習も毎日、車に乗ることができます。

そのため教習所に通うよりも圧倒的に早く、免許を取得することができるのです。

ポイント②あらかじめ教習スケジュールが組まれているので予約不要

合宿免許は教習所に通う場合とは違い、教習スケジュールがあらかじめ組まれています。

そのため、学科教習や技能教習の予約をする必要がありません。

予約を取るには競争がありますし、日付の都合も合わせなければいけません。

こうした手間が省けるのは、大きなメリットであるといえます。

ポイント③通学より低価格に抑えられる

合宿免許の場合、教習所に通うよりも、5~6万円ほど費用を抑えることができます。

それは、教習所側にとっても効率良く教習のスケジュールを組むことができるからです。

通常だと夕方などの人気の時間帯に受講者が集中してしまいますが、合宿なら朝から晩まで均等に教習をすることが可能となります。

そのため教習員の待機コストが減り、その分合宿利用者の金額に還元できます。

期限を過ぎないようにスムーズに免許取得しましょう!

いかがでしたでしょうか。

この記事では、技能教習の予約をスムーズに取る方法について、解説してきました。

教習を開始してから終了するまでの期間は9ヵ月で、もし期限を過ぎると退校しないといけなくなるので、注意してくださいね。

なるべく余裕を持ったスケジュールを立て、効率よく自動車免許を取得しましょう!

© 2022 Couplog