フラワーシャワーとは?込められた意味から準備方法まで徹底解説!

幸せな新郎新婦のまわりを舞う、カラフルな花びら!

結婚式と言うと、フラワーシャワーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

式がパッと華やかになり、結婚式で人気の演出です!

悩む女性
フラワーシャワーを取り入れてみたいな!

どうやって準備したらいいの?

そこで今回は、フラワーシャワーのメリットや準備方法について、徹底解説します!

フラワーシャワーにはどんな意味がある?

フラワーシャワーとは、新郎新婦に花びらを振りまいてお祝いをする演出のことです。

花びらの舞う光景が花のシャワーに見えたことから、フラワーシャワーと呼ばれるようになったようです。

フラワーシャワーには、「花の香りで周りを清め、災厄から2人を守る」という意味が込められています。

新郎新婦の周りを花びらが舞っている様子は、まさに幸せが舞い込むように見え、素敵ですよね!

フラワーシャワーの由来

今では結婚式の定番演出とも言えるフラワーシャワーですが、一体いつから行われてきたのでしょうか。

実は、フラワーシャワーの起源は古代ローマにまで遡ります。

古代ローマでは、豊かさの象徴である麦を、夫婦に振りかけていました

時代が進むと、麦から、豊作や子孫繁栄を意味する米へと変わっていき、「子宝に恵まれるように」との思いが込められるようになりました。

更に、時代と共に、「花の香りで清め、災厄から2人を守る」という意味で花へ変わっていき、フラワーシャワーが一般的になったようです。

フラワーシャワーを行うメリット

メリット①簡単にゲストが参加できる

結婚式には、小さな子どもから高齢の方まで幅広い年齢のゲストが参加します。

ゲストと一体になれることをしたくても、みんなに楽しんでもらうことを考えるのは難しいのではないでしょうか?

しかし、フラワーシャワーであれば、花びらを上に投げるだけ!

小さな子どもでも楽しめますし、足腰の悪い方でも座ったまま参加できるのです!

メリット②間近で祝福を受けられる

挙式は、緊張感があり、厳かに行われることが多いですよね。

ずっと厳かな状態だと、ゲストも祝福の声をかけづらいですし、新郎新婦の緊張も解けません。

しかし、フラワーシャワーを取り入れれば、声を掛けてお祝いする機会ができます!

私も友人の結婚式でフラワーシャワーに参加しましたが、主役の幸せな顔を近くで見れて、とても満足した記憶があります。

新郎新婦にとっても、近くで祝福を受けられる幸せを感じられて良いですよね!

メリット③華やかな写真を残せる

フラワーシャワーは、その場の空気が明るく賑やかになるだけでなく、写真で見てもとても華やかです。

色とりどりの花が舞っている中で、ゲストも新郎新婦も満面の笑み!

一生に一度の結婚式だからこそ、素敵な写真を残したいという方には、とてもおすすめの演出です!

フラワーシャワーを行うタイミングは?

フラワーシャワーは、挙式後の新郎新婦が退場する際に行うのが一般的です。

挙式会場内で行うこともあれば、屋外でゲストが列を作り、その間を新郎新婦が通り抜ける際に行うこともあります。

式場によってもできる場所が限られているので、打ち合わせの時に確認してみましょう。

フラワーシャワーを準備する時のポイント

ポイント①フラワーシャワーに使う花の種類を決める!

フラワーシャワーでは、造花を使う場合と生花を使う場合があります。

それぞれの特徴を理解し、自分達にあったものを選びましょう!

生花の特徴

生花の魅力は、なんといっても花の心地よい香りです。

「花の香りで周りを清める」というフラワーシャワーの意味を重視したいカップルであれば、生花がおすすめ

しかし、傷みやすく、造花よりも費用が高いのが難点。

また、生花は落ちた後に踏まれると、地面に張り付き、掃除が大変になります。

式場によっては、生花はNGのところもあるので、事前に確認しましょう。

造花の特徴

造花には、花の素敵な香りこそないものの多くのメリットがあります。

まず、生花よりも費用が安く、なんと半額程度で用意できてしまいます。

他の部分にお金をかけたいカップルは、造花にすることを検討してみると良さそうですね!

また、造花は色や形が豊富で軽い素材で作られていることが多く、空中に待っている時間が長くなります。

その分シャッターチャンスが生まれるので、綺麗な写真を残すことができます。

ミックスフラワーの特徴

ミックスフラワーとは、造花と生花をあわせたものです。

生花の花の香りを残しつつ、費用は生花のみよりも抑えられるのでおすすめ!

また、造花で量を増やすことによって、華やかさが増すのも嬉しいポイントです。

ポイント②適度な花びらの量を準備する

花びらが多いほど、華やかにはなりますが、ゲストが花びらを投げることばかりに集中し、楽しめない可能性もあります。

そのため、花びらの量は、片手か両手に収まるくらいが程よいです!

選ぶ花の種類にもよりますが、花びらであれば10~20枚くらいが目安。

人数×枚数×1.2くらいの花びらを用意しておくと、余裕があり安心です。

ポイント③花びらの色でオリジナリティを出す

フラワーシャワーで使用する花の色に、特にルールはありません。

カラードレスをこだわって選ぶように、フラワーシャワーの花の色にもこだわり、オリジナリティを出すと素敵です!

例えば、リゾート婚なら、ビビットカラーがおすすめ!

青い海や空と、鮮やかな花とのコントラストがたまりません。

また、パステルカラーを選べば、白いウェディングドレスと相まって可愛らしさを演出することもできますよ。

ポイント④シャワーコーンの準備も忘れずに!

シャワーコーンは、フラワーシャワーで使う花を入れておく容器のことです。

ゲストが手に持ちやすく、持ち運びや配るのにも便利なので、用意しておきましょう。

花を均等に分けておけるので、配分を間違えて足りなくなったという事態も防げます。

デザインペーパーを使えば、手作りするのも簡単!

リボンを結んだり、レースを飾ったりして、おしゃれさとオリジナリティを出しましょう!

フラワーシャワーの注意点

注意点①持ち込みが可能か式場に確認する

フラワーシャワーの持ち込みは、ウェディングドレスと同様に、持ち込み料が発生する場合があります。

持ち込み料が高いと、工夫してDIYをしたり、造花を使用しても、会場で頼むのと大差がない場合も。

また、式場によって生花はNGの場合もあるので、事前に確認しておきましょう!

注意点②雨天の場合の実施場所を式場に確認する

屋外でフラワーシャワーを計画している場合には、雨天時の対応についても確認が必要です。

屋内でのフラワーシャワーになる場合が多いようですが、中止になってしまうこともあります。

雨天の場合の代替案も考えた上で、フラワーシャワーの実施を検討しましょう!

注意点③真夏・真冬にフラワーシャワーをする際のゲストへの気遣い

屋外での真夏や真冬のフラワーシャワーは、暑さや寒さで体に堪えます

ゲストにも楽しんでもらえるよう、次のような気配りがおすすめです!

  • 真冬は、受付でカイロを渡しておく!
  • 外にいる時間を短くするために、段取りの工夫をする
  • フラワーシャワーの後、披露宴までの時間で、冷たい飲み物やホットドリンクを用意する
  • 事前に、屋外でのフラワーシャワーがあることを伝えておく

ちょっとした心遣いで、新郎新婦もゲストもフラワーシャワーの演出を楽しめること間違いなしです!

フラワーシャワーのココが気になる!

ここまで、フラワーシャワーについてご紹介してきましたが、まだまだ気になる点はあるのではないでしょうか。

ここでは、プレ花嫁のよくある疑問をピックアップしてご紹介します!

疑問①和装でのフラワーシャワーはできる?

ここで紹介してきたのは、教会挙式でのフラワーシャワーについてでした。

では、神前式や仏前式など和婚の場合には、フラワーシャワーはできないのでしょうか?

和婚を行う会場では、神聖な場ということでフラワーシャワーができない場合も多いそうですが、式場によってはできる場合もあります。

挙式ではできなくても、食事会や披露宴の際に取り入れることもできるので、プランナーさんに相談してみましょう!

和装に合わせて、折り鶴シャワーにするのも素敵ですよね!

疑問②少人数挙式でのフラワーシャワーを盛り上げる方法は?

親族のみなどの少人数の挙式だと、フラワーシャワーが寂しく見えるのでは?と不安になりますよね。

そんなときは花びらの量を少し多くしちゃいましょう!

たくさん花を振りまくので、見栄えもしますし、新郎新婦がゆっくり歩く時間ができます。

花びらにフェザーを混ぜると、空中で舞う時間が長くなるのでおすすめです!

疑問③フラワーシャワーに代わるものは?

実は、フラワーシャワーだけでなく、結婚式の演出でし使われる「◯◯シャワー」はいろいろあります!

例えば、

  • ベルシャワー:鈴の音で魔除けをするという意味
  • フェザーシャワー:天使の羽によって、悪いものから2人を守って幸せを運ぶという意味
  • パールシャワー:純潔・富・健康・長寿・子宝の意味を持ち、パールシャワーで祝福されると幸せになれると言われている

など。

他にも様々な◯◯シャワーがあるので、自分たちの式に合った演出を探すとオリジナリティがあっていいですね!

フラワーシャワーでゲストと盛り上がろう!

花の香りで周りを清め、災厄から2人を守るという素敵な意味が込められたフラワーシャワー。

華やかさを演出するにも、素敵な写真を撮るのにもぴったりの演出です。

フラワーシャワーに限らず、様々な◯◯シャワーがあるので、自分たちの式にぴったりな演出を考えてみましょう!

また、フラワーシャワーはゲスト全員に参加してもらうことができます。

せっかく来てくれたゲスト達に楽しんでもらう演出の1つとして、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

よく読まれている記事

1

困る女性ゼクシィ見て良さそうだと思って、式場見学に行ったけどなんか違った! 仕事が忙しくて、式場を探している時間がない! 結婚式場はたくさんの種類や特徴があって選ぶのが難しいですよね。 「でも、一生に ...

2

オーディオブックは本を耳で楽しむことができる本の朗読サービスです。 手を使わないのでスマホや本を出すことすら厳しい満員電車の中や、食器を洗っているときなどに大活躍します。 私は通勤時間に、オーディオブ ...

3

困る女性オンラインフィットネスって、どこのがいいんだろう? 自宅で気軽にトレーニングができるオンラインフィットネスが流行っていますが、種類が多くてどれを選べば良いか迷ってしまいませんか? そこでおすす ...

4

サブスク音楽配信サービスは毎月決まった金額を支払うことで、音楽が聴き放題なサービスです。 CDや1曲ずつ購入するのと比べて非常にお得に音楽を楽しむことができます。 しかし、今は音楽のサブスクサービスが ...

© 2021 かっぷログ