趣味

HanaPrimeのクチコミや評判は?定期便プランまで詳しく解説

お花のサブスクリプションサービスってたくさんあって、どれが良いのか迷いますよね。

値段や届く本数もさまざまで、自分に合ったものを探すのは一苦労です。

数多くあるお花のサブスクリプションサービスの中でも、HanaPrimeは後発組のサービスです。

他社の内容を見た上でサービスを始めているため、競合のサービスと比べて優位点がたくさんあります

そこで

  • HanaPrimeのサービスの特徴
  • HanaPrimeを使ったユーザーの、良いクチコミや悪い口コミ
  • HanaPrimeと競合サービスとの違い
  • HanaPrimeのメリットやデメリット

といった点について、解説していきます。

HanaPrime(ハナプライム)のサービス3つの特徴

特徴①こだわりの胡蝶蘭や観葉植物などを扱うお花の専門店

HanaPrimeは、こだわりの胡蝶蘭や観葉植物、スタンド花などを中心に取扱う、ネットショップ限定のお花屋さんです。

実店舗を構えておらず、一部地域には自社で配送を行っているため、経費を抑えることができています。

そのため、店舗を持つ街のお花屋さんと比べて利益還元し、お客さんは高品質なお花を低価格で購入することが可能です。

特に胡蝶蘭は人気が高く、ネット販売・出荷数ともにNo.1のショップとなっています。

特徴②送料無料で全国に配送OK!お届け曜日指定も可能!

お花の定期便は、送料無料で全国に配送することが可能です。(ただし、沖縄・離島は配送エリア外)

お届けのサイクルは1週間・2週間・3週間に1度の中から選べ、水曜日から日曜日のいずれかで到着日の指定ができます。

特徴③お花の定期便2つのプラン

HanaPrimeの定期便プランは、

  • 季節のお花プラン
  • お供え用プラン

の2つから選ぶことができます。

季節のお花プランは、自宅で飾って楽しむための定期便プランです。

HanaPrimeのフローリストが、季節に合わせたお花やグリーンを厳選チョイスしてくれます。

定期便の値段は、花やグリーンの本数に合わせて下記の4つのパターンが用意されています。

1,500円プラン/7~10本で25cm直径の花束

3,000円プラン/13~16本で35cm直径の花束

5,000円プラン/21~24本で40cm直径の花束

10,000プラン/30本以上で55cm直径の花束

お供え用プランは、その名の通り、お供え用に飾っていただくための定期便プランです。

季節のお花プランと同じく、お供え用プランも4つのパターンが用意されています。

1,500円プラン/10本(5本・5本の一対)で25cm直径の花束

3,000円プラン/14本(7本・7本の一対)で35cm直径の花束

5,000円プラン/18本(9本・9本の一対)で40cm直径の花束

10,000プラン/30本(15本・15本の一対)で55cm直径の花束

お花の量や料金に幅があるので、自分にあったプランを選びやすいですね。

HanaPrime(ハナプライム)のSNSでの評判やクチコミは?

実際にHanaPrimeを利用してみようとした時に、どんな評判があるのかって気になりますよね。

そこで、SNS上での評判やクチコミを集めてみました。

HanaPrime(ハナプライム)の良い評判・クチコミ


他社様ではオーダーできなかった、冬期の北海道へのお届けを叶えてくれたHanaPrime。

「大切な人にお花を届けたい」という、お客様の気持ちを最大限汲んでくれるサービスと言えますね。

北海道や四国・九州に関しても、最短で翌々日までにお届けというのも魅力的です。

お値段に対して、ボリュームが多いことに満足していらっしゃるようですね。

お花の鮮度を保つために、クール便で届けてくれるのも好印象です。

家族や恋人、友だちの誕生日パーティなど、イベントのときに花を添えるのも喜ばれますよね。

キレイな花束のまま届くので、そのまま花瓶に挿すだけで飾れるのはお手軽です。

HanaPrime(ハナプライム)の残念な評判・クチコミ

お店側で入金の確認ができず、指定した日にお届けすることができなかったようです。

お花を贈るのは誰かの大切な日であることがほとんどなので、対応が遅れてしまうと残念ですね。

お花によっては花びらが散りやすい品種もあり、取り扱いには注意が必要です。

付属のビニールからは、注意深く取り外しましょう

お花の名前が書かれている明細が同封されていないので、自分で調べなければいけないため一手間かかります。

お花の知識に自信がない人は、注意しましょう。

HanaPrime(ハナプライム)と他社の徹底比較!

お花のサブスクリプションサービスはどんどん増えていて、サービス内容も数多くあります。

その中でもHanaPrimeが得意としている胡蝶蘭の取り扱いについて、他社サービスとの違いを解説します。

①胡蝶蘭の品質やサービス内容で比較

他社が展開している胡蝶蘭のネットショップには、ギフトフラワーや胡蝶蘭園.comなどがあります。

ここでは、HanaPrimeと他社のサービスの特長を比較していきます。

HanaPrimeギフトフラワー胡蝶蘭園.com
品質・農林水産大臣賞など受賞歴のある胡蝶蘭農園から厳選した胡蝶蘭を仕入れ

・市場に入荷した胡蝶蘭はスタッフが1点づつ品質チェック

・花輪の大きさ・並びなど、当社の出荷基準を満たす胡蝶蘭のみお届け

・らん展受賞の生産者からの仕入・胡蝶蘭の状態を細部までチェックし、基準をクリアした胡蝶蘭のみを出荷

・農家からの直接配送

値段5,700円~5,720円~10,800円~
ラッピング無料無料無料(豪華ラッピングは+1,000円)
立札無料無料無料無料
返品対応・出荷前に胡蝶蘭の写真を無料で受信

・イメージしていた胡蝶蘭と違った場合、胡蝶蘭を変更可能

基本的に返品は不可不良品の場合、5日以内にご連絡で返品可能

HanaPrimeはサービスと料金のバランスが良く、厳選された胡蝶蘭が届くようになっています。

②胡蝶蘭の種類で比較

HanaPrimeギフトフラワー胡蝶蘭園.com
ミディ胡蝶蘭×
大輪胡蝶蘭
ピンク
赤白リップ
その他なし緑、紫、黄など青、紫、黄など

取扱いの品種を見ると、胡蝶蘭園.comが一番豊富だといえます。

緑、青、紫、黄などの胡蝶蘭は人工着色であるため、HanaPrimeはあくまでも自然な胡蝶蘭にこだわっていることが分かります。

③配達地域で比較

HanaPrimeギフトフラワーHANAMARO
東京都23区場合によって、当日のお届けも可能(要問合せ)当日のお届けも可能当日のお届けも可能(当日配送料2,000円)
本州翌日お届け(前日12時までの注文分)・名古屋、大阪、横浜は当日のお届けも可能

・その他は翌日お届け

・主に名古屋、大阪、横浜は当日のお届けも可能

(当日配送料2,000円)

北海道・四国・九州翌々日お届け・福岡は当日のお届けも可能

・その他は翌日お届け

・北海道は送料が3,000円かかる

送料2,000円と遠方手数料3,000円がかかる
沖縄・離島×沖縄は送料が3,000円かかる沖縄は送料2,000円と遠方手数料3,000円がかかる

胡蝶蘭の性質上、丁重に運ばなければいけないため、どうしても配送するための手数料がかかってくる場合が多いです。

その点、HanaPrimeの場合、自社配送を活用して送料無料で柔軟に対応してくれます。

ギフトフラワーは地域によって追加料金がかかりますが、条件が合えば全国5都市で当日にお届けしてくれます。

一方で、HANAMAROは当日配送料がかかったり、遠方手数料がかかったりするので注意が必要です。

HanaPrime(ハナプライム)のメリット

今まで紹介してきたHanaPrimeの特徴やメリットを3つにまとめました。

メリット①全プラン送料無料

HanaPrimeは、どのプランを選んでも送料無料で届けてくれます。

そのため、月額費用以外にはお金がかかりません

定期便の料金は毎月かかってきますから、追加料金なしで分かりやすいと安心ですね。

メリット②ボリューム抜群

一番安い1,500円のお花の定期便プランでも、7~10本ものお花とグリーンがセットで入っています。

花束の直径は25cmとボリューム満点です。

もちろん、値段が上がれば一回り、二回りとボリュームが大きくなります。

10,000円のプランなら直径が約55cmもの花束になるため、贈り物としても驚かれること間違いないでしょう。

メリット③初回50%OFFクーポン配布中

初回の注文で利用することができるクーポンを、期間限定で配布しています。

1,500円のプランを選べば、送料込みで750円になるので、業界最安値です。

また、10,000円のプランを選べば、なんと5,000円OFFで注文することも可能です。

気になるプランがあれば、この機会に申し込むとおトクですね。

HanaPrime(ハナプライム)のデメリット

HanaPrimeのデメリットは、大きく分けて2つあります。

1つ目は、お届けの際にポスト投函ができないことです。

そのため、宅配便で直接受け取らなければいけません。

もし家を空けていることが多い場合には、注意が必要です。

融通が利かないと感じますが、新鮮なお花をキレイな状態で受け取るためには仕方ないのかもしれません。

2つ目は、プラン変更や解約をする時には、メールか電話をしなければいけないことです。

HanaPrimeのホームページにある『定期便マイページ』からプラン変更や解約をすることができません。

プラン変更についても、新しいプランを申し込んだ後に、継続中のプランをメールか電話で解約する必要があります。

また、解約については、配送予定日の3日前までにメールか電話で連絡しなければいけません。

良いサービスでも、プラン変更や解約に手間がかかってしまうのは、残念ですね。

HanaPrime(ハナプライム)のクチコミや評判をチェックしてから利用しよう!

HanaPrimeの特徴だけでなく、クチコミや評判、他サービスとの比較などについて解説してきましたが、

HanaPrimeを使うべき理由としては、

値段に対してボリュームが多く、コストパフォーマンスが高い

沖縄や離島を除くすべての地域に、最短で翌々日までにお届け

全プラン送料無料のため、料金が分かりやすい

といった点が挙げられます。

逆に、HanaPrimeを使う時に気を付けることは、

入金トラブルが起こると、希望日に届かない場合がある

お花によっては散りやすいものもあり、包装から取り出す際には細心の注意が必要

お花の種類が分かる明細は付属しないため、自分で調べなければいけない

といった点が挙げられるでしょう。

お花のサブスクリプションサービスの中でも比較的、最近始まったHanaPrime。

上手に使いこなして、財布も人もハッピーにしていきましょう!

よく読まれている記事

1

困る女性ゼクシィ見て良さそうだと思って、式場見学に行ったけどなんか違った! 仕事が忙しくて、式場を探している時間がない! 結婚式場はたくさんの種類や特徴があって選ぶのが難しいですよね。 「でも、一生に ...

2

デートって楽しいけど意外とお金がかかりますよね。 困る男性食事代に交通費にカラオケ代に・・・・ 1回のデートの平均費用は8000円くらいと言われています。 最近はコロナの影響で自宅にいることが増えまし ...

3

困る女性オンラインフィットネスって、どこのがいいんだろう? 自宅で気軽にトレーニングができるオンラインフィットネスが流行っていますが、種類が多くてどれを選べば良いか迷ってしまいませんか? そこでおすす ...

4

サブスク音楽配信サービスは毎月決まった金額を支払うことで、音楽が聴き放題なサービスです。 CDや1曲ずつ購入するのと比べて非常にお得に音楽を楽しむことができます。 しかし、今は音楽のサブスクサービスが ...

© 2021 かっぷログ