【体験談】ハナユメ割とは?実際に使って式場を決めた経験をもとに徹底解説

困る女性
結婚式ってかなりお金かかるよなー

ハナユメ割がお得って聞いたけどなんで安くなるのかなー

このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。

私たちは実際にハナユメを活用してお得で手軽に満足のいく式場を見つけることができました。

今回はそんなハナユメ割について詳しく解説していきたいと思います。

この記事でわかること

  • 式場見学で最大26,000円ゲットする方法
  • ハナユメ割とは何なのか
  • ハナユメ割で結婚式の費用が安くなる理由
  • ハナユメ割で実際どれくらい安くなるのか
  • ハナユメ割を最大限に使うコツ

 

\100万円以上おトクになることも!/

クリックするとハナユメの公式ページに移動します

 

「ハナユメ割」って何?どんな条件が必要?

ハナユメ割とは、結婚情報サイト「ハナユメ」を利用した人に適用される割引サービスです。

ハナユメ割が適応される条件

ハナユメのサイトから式場見学・フェア予約をすること

ハナユメ割の適応条件はたったこれだけ。

パソコンやスマホから式場を探して簡単に予約ができるので、誰でも割引される点が大きなメリットです。

困る女性
どこの式場で行うか決められない…

お料理が美味しいところがいいなー

あなたの悩みや理想をハナユメのサイト上で検索すれば、それらを解決し叶えてくれる式場やプランをピックアップしてくれます。

ハナユメのサイトだけでも非常に見やすいのですが、他のサイトで見つけた式場でも、ハナユメから予約すればハナユメ割が適応になります。

探すのは自分が1番使いやすいものにして予約だけはハナユメという使い方も可能です!

どうして安くなるの?ハナユメ割で安くなる理由

「どうしてハナユメから予約するだけで安く結婚式を挙げられるのか」というのは非常に気になる部分ですよね。

そこで対面で式場探しの相談できるハナユメデスクというサービスを利用したときに直接聞いてみました。

ハナユメ割が成り立っているのには以下のような理由があります。

ハナユメ経由だと安い理由

  • ゼクシィと違い雑誌を作っていないためその分の費用を還元
  • 式場の空き日を埋めるためにプランを組み立ててくれる
  • 挙式までの期間を半年以内にするとより安くなる

それぞれ詳しく説明していきます。

理由①ゼクシィと違い雑誌を作っていないためその分の費用を還元

ゼクシィと違い、雑誌を作っていないことが大きな理由の1つです。

これはハナユメデスクというプランナーに相談できるサービスを利用したときに直接聞いて教えてもらいました。

集客をWebで行って、費用を抑えているのでその分お客様に還元できるのです!

」とおっしゃってました。

確かに雑誌を作るのには費用がかかるので、その分を還元したら結構な割引ができると感じました。

元々ハナユメは経済的理由で結婚式を上げることができないカップルを減らしたいという想いで作られたそうです。

そう言われてみるとこれだけの割引があるのには納得ですね。

理由②式場の空き日を埋めるためにプランを組み立ててくれる

2つめの理由が式場の空き日を埋めるためにプランを組み立ててくれるということです。

一年のうちで「混む時期」「空く時期」が極端に分かれやすい結婚式場。

例えば、「夏冬」や「大安日以外」「日曜の夜」は式を挙げる人が少ない時期に当たります。

ハナユメ割はこのような「空く時期」に特別割引プランを設け、格安で式を挙げられるようにサービスを提供する仕組みになっています。

ちなみに私たちは繁忙期の11月にしましたが、ハナユメ割でしっかり割引してもらえました。

さらに大きく割引して欲しい場合は、上記のようなあまり人気のない時期も検討してみるといいですね!

理由③挙式までの期間を半年以内にするとより安くなる

3つ目の理由が申し込んでから挙式までの期間を短くして、式場の空きを埋めることで安くするです。

半年以内を挙式日を設定することによって、なかなか埋まらない枠を埋めることができます。

そうすることで、本来であれば空いていて利益にならない施設を活用して式場は利益を生むことができます。

利益0円よりは安くして少しでも利益をあげよう!

ということですね。

しかし、半年以内に定めると「招待者の日程調整が難しい場合がある」「挙式の準備がバタつく」といった可能性があります。

半年前であれば、予定が入っていることは多くはないと思いますが、必ずきて欲しい人には事前にNGな日を聞いておくと良いでしょう。

また、結婚式の準備についてが忙しくなるのは、式の3~4ヶ月前といわれています。

半年前であれば、準備は余裕を持ってできますが「ふぅー」とする時間がないので、気持ちを作っておく必要があるかもしれません。

繁忙期で1年後のような割引の理由に当てはまらない部分でも、ハナユメ割は適応されます。

割引の額は変わってくるので、希望の時期のバランスを考えて日程を決めるのが1番賢い使い方ですね!

ハナユメ割が適応されると実際の割引はどれくらい?

次に、ハナユメ割が適応されると具体的にどれくらい安くなるのか見ていきましょう。

現在、ハナユメ公式サイトによると全体の30%が「50~80万円割引」という結果が出ています。

また、20%の人が「100万円以上割引」されたとの結果も!

もし100万円割引されて式のグレードを上げなければ、持ち出し0円むしろプラスになる可能性も出てきます。

計算式

一般的な結婚式(ゲスト53名で計算)の費用:約272万円

ご祝儀の金額:53×3.5万円で185.5万円(ご祝儀の平均は人数×3.5万円)

新郎新婦の負担金額:272万円-185.5万円=86.5万円

ハナユメ割適応後(100万円割引の場合):86.5万円-100万円(ハナユメ割)=-13.5万円

持ち出しなしで結婚式を上げるのはもちろん、質の高いおもてなしや美味しい料理・ドレスになどにお金をかけることもできちゃいます!

私たちは割引された分を料理のグレードをあげたり、演出にお金をかけることにしました!

 

\100万円以上おトクになることも!/

クリックするとハナユメの公式ページに移動します

 

ハナユメ割を最大限に使うコツ

ハナユメ割を利用して最大限に得するためには、次の二点のポイントをおさえておく必要があります。

ハナユメ割を最大限お得にするポイント

  • 結婚式を挙げたい日と場所をおおまかに決めておくこと
  • ハナユメ割の割引対象を知っておくこと

それぞれ詳しく説明していきます。

ポイント①結婚式を挙げたい日と許容できる部分を決めておく

ハナユメ割を最大限に使うには、事前に式をあげたい日とお日柄などの許容できる部分を決めておきましょう。

だいたいの希望を決めておけば、ハナユメ割が適用される式場や挙式日とスケジュールをうまく調整することができます。

お日柄や季節などの許容できる部分を決めておくことで、割引をうまく活用することができます。

ポイント②ハナユメ割の割引対象を知っておくこと

ハナユメ割が何に対象になるかを把握しておきましょう。

ハナユメ割の対象は次の通り。

チェックリスト

  • ドレス・タキシードなどの衣装
  • メイク費用
  • 料理
  • 会場を飾る装花
  • 写真やカメラマン代
  • 司会や音響費
  • 招待状などの費用

式場にお願いせずに自分たちで用意することもできるのですが、持ち込むとその部分だけハナユメ割が適応にならない式場が結構ありました。

そのため、こだわりがあって自分たちが持ち込みたいものがあるときは、見積もりの時に伝えておくようにしましょう。

ハナユメなら式を挙げなくても式場見学するだけで25000円もらえる!?

さらにお得にハナユメを活用するポイントとして、キャンペーンは外せません。

ハナユメは現在、「式場見学をするだけで最大26000円分の電子マネーがもらえるキャンペーン」を開催しています。

悩む女性
え!お得!これは使わないわけにはいかないな

step
1
1会場に足を運ぶと5000円

step
2
2会場に足を運ぶと15,000円

step
3
3会場に足を運ぶと20,000円

step
4
式場決定かブライダルデスクを使うと6,000円

この4つのステップをクリアすると合計で26,000円ももらうことができてしまいます。

また、試食付きの式場見学を選ぶと無料でフォアグラやステーキを楽しめてしまいます!

お金をもらえて美味しいものまで食べられてしまうなんていかない理由がありませんね。

後悔しない結婚式にはハナユメ割が一番!

ハナユメ割で結婚式費用がお得になる理由には

  • ゼクシィと違い雑誌を作っておらずその分の費用を還元できる
  • 式場の空き日を埋めるためにプランを組み立ててくれる
  • 挙式までの期間を半年以内にするとより安くなる

のような理由があったんですね。

お互いにwin-winになれる条件なので納得です!

ハナユメは元々経済的な理由で結婚式をあげられないカップルを減らしたい

という思いから作られたという話を聞いて、純粋にハナユメを使って式場を決めたいなーと思いました。

素敵な結婚式をお得にあげられるように、賢くハナユメを活用しちゃいましょう!

式場見学だけで最大26,000円もらえるキャンペーンもお忘れなく!

 

\100万円以上おトクになることも!/

クリックするとハナユメの公式ページに移動します

 

よく読まれている記事

1

困る女性ゼクシィ見て良さそうだと思って、式場見学に行ったけどなんか違った! 仕事が忙しくて、式場を探している時間がない! 結婚式場はたくさんの種類や特徴があって選ぶのが難しいですよね。 「でも、一生に ...

2

オーディオブックは本を耳で楽しむことができる本の朗読サービスです。 手を使わないのでスマホや本を出すことすら厳しい満員電車の中や、食器を洗っているときなどに大活躍します。 私は通勤時間に、オーディオブ ...

3

困る女性オンラインフィットネスって、どこのがいいんだろう? 自宅で気軽にトレーニングができるオンラインフィットネスが流行っていますが、種類が多くてどれを選べば良いか迷ってしまいませんか? そこでおすす ...

4

サブスク音楽配信サービスは毎月決まった金額を支払うことで、音楽が聴き放題なサービスです。 CDや1曲ずつ購入するのと比べて非常にお得に音楽を楽しむことができます。 しかし、今は音楽のサブスクサービスが ...

© 2020 かっぷログ