そろばん 教育

そろばんは左利きでもできる?4つのメリットから分かる左利きの利点

困る女性
そろばんを始めたいけど、左利きでもできるか心配。
右利きの場合と、何か差があるの?
悩む女性

左利きのお子さんを持つ親御さんにとって、右手で珠を弾くイメージの強いそろばんには、何かと気になる点も多いようです。

そろばんは小学校3~4年生の算数でも扱うことがあるため、早めに不安は解消しておきたいですよね。

そこでこの記事では、そろばんは左利きでも問題なく始めることができるのか、4つのメリットを紹介しながら解説していきます。

「左利き」でもそろばんへの影響はない


左利きであっても、問題なくそろばんに取り組むことができます。

たくさんのお子さんにそろばんの指導をされてきた先生が、こうおっしゃっています。

「左利きであっても、何も心配する必要はない。」

「左利きが原因で、不利になることはない。」

実際に現場で子どもの姿を見てきた方の声だけに、説得力がありますよね。

左利きのそろばんのやり方

ここでは左利きでそろばんを扱う方法を確認していきます。

やり方①そろばんは右手で弾く

左利きの場合、そろばんを弾くのは右手になります。

このとき、左では鉛筆を持ちながらそろばんを抑えます。

やり方②文字を書くときは左手を使う

そろばんを弾き終わったら、左手に持っている鉛筆で文字を書きます。

文字を書き終えたら、やり方①に戻って作業を繰り返します。

左利きの人が右手でそろばんを弾く4つのメリット

右手でそろばんを弾くことには、たくさんの利点があります。

ここでは4つのメリットを紹介していきます。

メリット①早く答えを書くことができる

左利きと右利きでは計算の答えを書くスピードに差がでます。

【右利きの場合】

計算が終わったら、いったん持っていたそろばんを置く

  • 右手に鉛筆を持ち直す
  • 答えを書く

【左利きの場合】

  • 計算が終わったら、いったん持っていたそろばんを置く
  • 左手に持っている鉛筆で答えを書く

右利きと左利きでは、そろばんを弾いた後の作業工程に1つだけ違いがあることが分かりますね。

この1つが、スピードの差となるのです。

メリット②右手が器用になる

左利きの人は、利き手ではない右手でそろばんを弾くことになります。

普段あまり使うことがない右手での作業が増えることで、今より器用になる可能性があります。

メリット③「両手そろばん」への準備になる

利き手ではない右手でそろばんを弾くことは「両手そろばん」への近道ともいえます。

右利きの場合「両手そろばん」に挑戦する時に初めて、利き手ではない左手でそろばんを弾くことになります。

しかし左利きの場合は、最初から利き手ではない右手でそろばんを弾きます。

「両手そろばん」に挑戦する時には、「慣れている左手を使えば良いだけ」となるのです。

つまり左利きの方が「両手そろばん」に挑戦する際のハードルが低くなります。

メリット④右脳と左脳を同時に鍛えられる

左利きの人が右手でそろばんを弾く場合、使い慣れていない右手を頻繁に動かすことになります。

左利きの人は普段は左手をよく使うわけですから、そろばんを右手で弾くことで両手を使い分けることになるのです。

両手を使い分けることは、人間の脳にある右脳と左脳に刺激を与えるといわれています。

刺激を受けることで発達するともいわれている、脳。

左利きの人が右手でそろばんを弾くことは、バランスよく脳を発達させてくれる可能性があるのです。

「右手を使う=矯正」ではない

「右手でそろばんを弾くことが、矯正につながるのではないか?」と心配になる親御さんも多いことでしょう。

しかし、利き手ではない方で作業を行うことは矯正とはいえません。

例えばPCやピアノを思い浮かべてください。

  • PCでキーボードを打つ際は、右手も左手も使います
  • ピアノを弾く際も、両手を使います

右利きの人であっても、利き手でない左手を使って行う作業は意外と多いものです。

左手でそろばんを弾くことも可能

お子さんによっては「どうしても右手でそろばんを弾きたくない。」と思うこともあるでしょう。

でも安心してください。

左手でもそろばんを弾くことができます。

ただし、そろばん教室によっては対応していないところもあるようです。

事前に通いたい教室に、左手での作業について確認しておくことをおすすめします。

左手でそろばんを弾く2つのデメリット

どうしても左手でそろばんを弾きたいと考えている方のために、デメリットも解説しておきます。

デメリット①そろばんが手で隠れて見えにくい

そろばんは桁の大きい方(左側)から計算していくので、左手でそろばんを弾いていくと、弾いた珠の部分を手で隠してしまいます。

右手で行うよりも計算するスピードが落ちることになるので、注意が必要です。

デメリット②先生と違う手の動きになり理解しにくい

右手でそろばんを弾いている先生を見て、自分は左手で弾くというのは、お子さんにとってかなり難しい作業といえます。

作業が難しければ当然、理解することも難しくなります。

また先生としても、教えにくさを感じることもあります。

左利きならではのメリットも多い!気軽にそろばんをはじめてみよう

利き手はあまり影響されない、そろばん。

左利きが実はメリットが多いことも分かりましたよね。

右手でそろばんを弾くことにもデメリットはないので、あまり心配しすぎることなく、挑戦してみてはいかがでしょうか!

© 2022 Couplog