転職活動でパーマは絶対NG?避けるべき髪型とは?

こま
パーマかけた髪型で転職活動ってダメかなー?

普段パーマをかけている人は転職活動するときに、どうするべきか困りますよね?

昔は「パーマなんて絶対NG!!」なことが多かったようですが、今は大きく変わってきています。

今回はそんな転職活動中のパーマについて男女別に解説していきます。

そもそも髪型と転職活動って関係あるの?

転職活動を行う際に、見た目は重要な要素の1つです。

服装も重要ですが、髪型も非常に重要です。

採用担当者は、履歴書だけでなく服装や髪型もしっかり見ています。

どれだけ完璧で最高な履歴書でも、髪型がありえないくらい奇抜だとそれだけで不採用になることは大いにありえます。

逆に「髪型を完璧にすれば、それだけで採用される」ということもありませんが、髪型のせいで不採用というのは避けたいですね。

パーマで不採用になることってあるの?

では、選考の際に、パーマが原因で落とされることはあるのでしょうか?

結論から言うと「パーマのせいで不採用になる可能性は0ではない」です。

しかし、「あまりに奇抜なパーマ」や「社長が極端にパーマが嫌い」

などの特殊なパターンでなければ、パーマをかけているから落ちるということはないと考えて良いでしょう。

就業規則でパーマがNGの企業でも、本当に採用したい人であれば

「採用したいけどパーマはNGなんだよね。なんとかならない?」という話があるかと思います。

あくまでも「採用か不採用か」ギリギリの時にマイナス要素として働き、不採用になるというのが考えられるパターンですね。

じゃあ転職活動するときにパーマかけてても大丈夫?

こま
だったらパーマかけていることはまったく気にしなくていいんだね!

そう考えるのは、ちょっと待ったほうがいいです。

「パーマだから落ちる」ということはなくても、「マイナスに働くこと」はあります。

基本的にパーマが転職活動に「プラスに働く」ことはほぼないです。

パーマが「プラスに働く」のは見た目が大事な「ホスト」や「アイドル」などになるくらいですね。

行きたい企業に採用される可能性を少しでも上げるために、パーマを我慢できるのであれば我慢するのが得策と言えるでしょう。

パーマの見られ方 男女差について

こま
男性と女性どちらもパーマはマイナスに働く可能性が高いのかなー?

転職活動時のパーマなどの髪型については男性より女性は少しゆるい傾向にあります。

ショートカットのパーマでなければ、そもそもパーマをかけているのかもわからないことも多いです。

また、最悪結んでポニーテールなどのアレンジを加えることで、どうとでもなります。

髪色についても、男性はパーマよりもさらに厳しく見られますが、女性であれば明るすぎなければ、特にマイナスになることはありません。

ストレートパーマや縮毛矯正はどうなの?

それでは逆にストレートパーマや縮毛矯正は転職にどのような影響があるのでしょうか?

こちらは、パーマよりさらに影響がないと考えて良いです。

というのも、その髪型がストレートパーマや縮毛矯正によるものなのか、地毛なのかの区別がつかないからです。

ただ、こちらも極端なものは避けましょう。

男性の「ピンピンのストレートの前髪」は意外と気になります。

転職活動時に避けるべき髪型

「こいつ欲しいな!」と思われる人材であれば、どんな髪型でも採用されます。

しかし、見た目で悪い印象を与えると本来「こいつ欲しい!」と思われるはずが、「ないな・・・」と思われる恐れがあります。

少しでも髪型が転職活動に悪影響が出てしまわないための避けるべき髪型について解説していきます。

  • 脂ぎった・フケのついた頭髪
  • 短髪のきつめのパーマ
  • 染めた髪
  • 多数の白髪混じりの髪
  • ボウズ
  • 長い襟足
  • 派手な刈り上げ
  • 肩より長いロン毛

これらは避けたほうがいいですね。

最初の脂ぎった・フケのついたは髪型ではないですが、重要なので入れました。

基本的に「不潔感がある」「あまり見ない奇抜な髪型」は避けたほうが無難でしょう。

いまいちピンとこない場合は、美容院で「転職活動に最適な髪型でお願いします!」と伝えればOKです。

女性の避けるべき髪型

  • キャバ嬢のようなモリモリの頭
  • 明るすぎる派手な髪色
  • ボサボサの髪
  • 目が隠れるような前髪

女性の場合も同様に、あまり見ない髪型は避けましょう。

男性と比べると髪色も緩いですが、明るすぎる色はNGなので注意しましょう。

転職活動でパーマはNGではないが、注意が必要

最近ではパーマをあてた髪型も一般的になってきています。

それでもまだ、好ましく思わない人がいるのも事実です。

少しでもリスクを無くしたいのであれば、「パーマはかけない」「パーマがわからないように髪を短く切る」のがベストです。

転職は今後の人生を左右することなので、「今後の長い人生」と「今のおしゃれ」を天秤にかけてよく考えましょう!

「俺はパーマヘアが命だからこのままいく!」という人がいればそれでいくほうがいいです!

下手にポリシーを崩して採用されても結局続かないとそれは転職失敗です!

自分が妥協できるポイントを探して、ベストな転職ができるように努めましょう!

よく読まれている記事

1

困る女性ゼクシィ見て良さそうだと思って、式場見学に行ったけどなんか違った! 仕事が忙しくて、式場を探している時間がない! 結婚式場はたくさんの種類や特徴があって選ぶのが難しいですよね。 「でも、一生に ...

2

オーディオブックは本を耳で楽しむことができる本の朗読サービスです。 手を使わないのでスマホや本を出すことすら厳しい満員電車の中や、食器を洗っているときなどに大活躍します。 私は通勤時間に、オーディオブ ...

3

困る女性オンラインフィットネスって、どこのがいいんだろう? 自宅で気軽にトレーニングができるオンラインフィットネスが流行っていますが、種類が多くてどれを選べば良いか迷ってしまいませんか? そこでおすす ...

4

サブスク音楽配信サービスは毎月決まった金額を支払うことで、音楽が聴き放題なサービスです。 CDや1曲ずつ購入するのと比べて非常にお得に音楽を楽しむことができます。 しかし、今は音楽のサブスクサービスが ...

© 2020 かっぷログ