読書の時間帯別の効果とは?朝読書と夜読書それぞれのメリットと難点

悩む男性
読書するのに効果的な時間帯はいつ?

どうせ読書をするなら効果的に読書をしたいですよね!

せっかく読書をするのであれば、朝読書と夜読書の特徴を知っておいて損はありません。

例えば朝読書には「集中して本が読める」夜読書は「脳に記憶されやすい」など、それぞれにメリットがあります。

これらのメリットやそれぞれの時間帯の難点などを理解して、効率的な読書ができるようにしていきましょう。

この記事でわかること

  • 朝読書と夜読書のメリット
  • 朝読書と夜読書の難点
  • 時間帯による読書の効果の違い

 

読書には時間帯が重要!?

読書は時間帯によってそれぞれ特徴があります。

例えば、朝読書は「読書に集中できる」などのメリットがあります。

また、夜読書は「本の内容が記憶に残りやすい」などのメリットがあります。

そうは言っても、無理をして朝や夜に読書をしないといけないわけではありません。

無理やり読書をしてところで内容は頭に入らないし、継続するのが難しいです。

読書において最も大切なことは習慣にすることです。

自分で長く続けられるような読書週間を作っていきましょう!

時間帯①朝の読書

朝の読書は起きるのが大変ですが、頭が冴えていて気持ちがいいですよね。

早起きして読書を、うまく習慣化できると読書の効果も大幅にアップすることが期待できます。

場合によっては通勤・通学の電車の中などを有効活用するのもいいですね!

それでは、朝読書のメリットと難点についてみていきましょう。

朝の読書のメリット

メリット①集中して本を読める

朝は読書や勉強をするのに最適な時間帯と言われています。

夜の寝ている間に頭の中の記憶が整理されるので、朝は脳内がスッキリしています。

頭に何もないので、本の内容が入りやすく新しい情報を吸収しやすいです。

難しい本を読むときは朝が適しています。

メリット②リフレッシュできる

読書は脳を活性化させ、気分を落ち着かせる効果があります。

また、読書はストレスを軽減する効果もあるそうです。

このような良い効果を持つ読書を朝にすると気持ちが落ち着き、1日の良いスタートを切ることができるでしょう。

メリット③生活習慣が整う

朝読書は「起きることはできたけど眠い」という状態で行うのは難しいと思います。

そのため、早寝をしてしっかりと睡眠をとる必要があります。

このサイクルが習慣になると、朝にも強い体になり、健康にも良い生活習慣になります。

朝の読書の難点

難点①眠くて集中できない

中には「朝読書が良いって言われても、朝はいつも眠いから無理」という人もいると思います。

このような人たちが朝読書をするのは厳しいかもしれません。

しかし、朝眠いのが単に寝不足なだけの場合もあるので、しっかり睡眠をとって試してみると意外とうまくいくかもしれません!

難点②人によっては時間が確保できない

「通勤・通学は徒歩や自転車で朝が早いので時間がとれない」という人もいると思います。

その場合は、どうしようもないので読書は昼から夜の間の空き時間ですることをオススメします。

何度も言いますが、大切なのは読書を続けることです。

難点③習慣にするのが難しい

朝読書は、早寝早起きがほぼ必須といっても過言ではないので、習慣にするのがかなり難しいです。

まず最初は「朝1分でも読書をする時間をとる」といった簡単な目標から徐々にレベルアップしていくのがおすすめです。

そもそも習慣は義務感でやっても続かないので、「朝読書をやりたい!」と思ったときに試しに始めてみるくらいの感覚で良いと思います。

時間帯②夜の読書

夜読書といえば

「薄暗い部屋の中でライトをつけて本を読む人」「本を持ったまま寝落ちした人」

などのイメージが思い浮かぶのではないでしょうか?

それ以外にも、晩御飯を食べた後、風呂の中など夜は本を読める時間がたくさんあります。

それでは、夜読書のメリットと難点について紹介していきましょう。

夜の読書のメリット

メリット①脳に記憶されやすい

脳に記憶するために必要となってくるのが睡眠です。

また、何かを学んだあとにすぐに睡眠をとるとより記憶されやすいと言われています。

記憶しておきたい本を読み朝簡単に読み返すと記憶の定着に繋がりやすいです。

本の内容をできるだけ頭に残して置きたい人にとっては寝る前の夜読書がぴったりです。

メリット②ゆっくり読める

朝は忙しくてバタバタしてしまい落ち着いて本が読めないという人は夜読書の方がオススメです。

理由は、ゆったりと本が読めるからです。

また、自分の部屋がある場合は人目を気にせずに読めるというメリットもあります。

メリット③睡眠の質が上がる

睡眠の質を下げる主な原因は、スマホやテレビのブルーライトだと言われています。

寝る前に少し本を読む場合、ブルーライトを見ることがないので質の良い睡眠をとることができます。

しかし、電子書籍はブルーライトを浴びてしまうので寝る前に読むのは避けた方が良いでしょう。

夜の読書の難点

難点①疲れていて本を読む体力がない

一番の難点は仕事や学校で疲れてしまい、読書をする余裕がないという事態が起こりやすいことです。

そんな時は、無理せずに眠りましょう。

そういった日々が続く場合は、生活の方を見直す必要があるかもしれませんね。

難点②夜更かしをしてしまう

いくら読書で睡眠の質が上がると言っても、やりすぎには注意です。

よくあるケースは「小説の続きが気になってしまってつい最後まで読んでしまった」というものです。

気になる気持ちは分かりますが、それで朝起きれなくなるとあまりよくないので、あらかじめ時間や読むページを決めておきましょう。

難点③目が疲れる

本は目を酷使するため、目が疲れてしまいます。

特に夜に暗い場所で読書をすると疲れが溜まりやすいので注意が必要です。

目が疲れたときはホットアイマスクや、目薬などでしっかり目をケアすることを忘れないようにしましょう。

理想は時間帯関係なく読書の習慣をつけること

朝読書は、集中して本を読めるため新しい情報や知識を身につけやすいので、何か勉強したい本を読むのが効果的です。

例えば、ビジネス書や専門書などは集中していないと、なかなか理解できないものを読むのがおすすめです。

早起きができる人で本を読む時間がとれる人であれば、割と簡単に始めることができると思います。

夜読書は、寝る前に行うと記憶に残りやすいので「内容を記憶したい本を読む」のがオススメです。

例えば、読書感想文で出された本や、気になった小説といった本です。

早起きはできないけど夜なら時間がとれそうという人はこちらから始めてみてはいかがでしょうか?

読書の時間帯別の効果について解説していきましたが、習慣にすることです。

「ランチタイムの後にちょっと本を読む」「通勤時間に本を読む」のように日常の習慣の中に読書を取り入れると効果的です。

「朝読書」「夜読書」といったものに囚われず、自分に合った読書の時間帯を見つけていきましょう。

よく読まれている記事

1

困る女性ゼクシィ見て良さそうだと思って、式場見学に行ったけどなんか違った! 仕事が忙しくて、式場を探している時間がない! 結婚式場はたくさんの種類や特徴があって選ぶのが難しいですよね。 「でも、一生に ...

2

オーディオブックは本を耳で楽しむことができる本の朗読サービスです。 手を使わないのでスマホや本を出すことすら厳しい満員電車の中や、食器を洗っているときなどに大活躍します。 私は通勤時間に、オーディオブ ...

3

困る女性オンラインフィットネスって、どこのがいいんだろう? 自宅で気軽にトレーニングができるオンラインフィットネスが流行っていますが、種類が多くてどれを選べば良いか迷ってしまいませんか? そこでおすす ...

4

サブスク音楽配信サービスは毎月決まった金額を支払うことで、音楽が聴き放題なサービスです。 CDや1曲ずつ購入するのと比べて非常にお得に音楽を楽しむことができます。 しかし、今は音楽のサブスクサービスが ...

© 2020 かっぷログ