体験談|結婚式場即決で後悔 たった1日で7万のキャンセル料が発生

悩む女性
この式場すごくいいかも!!早くしないと埋まっちゃうしもうここにしよう!

ブライダルフェアに参加すると、このように考える方は多いと思います。

しかし、フェアで高ぶった気持ちのまま、結婚式場を即決して後悔したカップルが多いのも事実です。

実際に私たちもその場で成約したものの、やっぱり気になるところがあり、結局キャンセル料7万円を支払い、別の式場に決めました。

そこで今回は、私たちの体験談も踏まえて、結婚式場を即決してしまうのはなぜか、即決して後悔しないためのポイントをご紹介します。

即決してしまうのはなぜ?

結婚式の費用は、平均で354.9万円(ゼクシィ調べ)です。

こんな大金を払うのは人生初という人も多い中で、なぜ即決してしまうのでしょうか。

理由①当日成約特典

いくつかのブライダルフェアに参加しましたが、ほとんどの式場で言われるのが、「今日なら◯◯円まで値引きできますよ!」という言葉。

いわゆる当日成約特典です。

結婚式には大金がかかるからこそ、少しでもお得に結婚式を挙げたいと考えるのは普通のこと。

そのため、「今契約しないと損しちゃう・・・」「今ならお得!!」と思い、つい即決してしまうのです。

しかし、実際には当日成約特典がなくても、その後の費用交渉等で同程度の費用まで下げることも可能なことが多いようです。

式場としては、空きを作らずに予約を埋めることが目的であり、そのための特典なので、当日成約特典に騙されてはいけません。

理由②予約の空き状況が少なくなっている

結婚式は、1日に実施できる組数が限られているため、空き状況は非常に重要です。

希望の日が空いていても、「他にもご検討中のカップルがいるので、今決めないと埋まってしまうかもしれません。」と焦らされます。

ここで挙げたい!って決めた時に空いていなかったらどうしよう・・・という不安から、即決してしまうのです。

理由③テンションが上がっている

ブライダルフェアに参加すると、模擬挙式やドレス試着を体験し、2人のテンションは自然とあがります。

結婚に対する気持ちはもちろん、結婚式へのモチベーションが上がるので、冷静な判断がしにくくなります

そのため、セールストークに惑わされて、即決してしまう場合もあるのです。

即決は危険!式場側のメリットばかりでカップルにはデメリット?

結婚式場をその場で即決すると、当日成約特典などカップルへのメリットが大きそうですが、実はそんなことはありません。

式場側のメリットが大きく、裏を返せば、カップルにとってはデメリットと言えます。

即決のデメリット①他の式場と比較できない

式場としては、他の式場と比較をされると、契約してもらうために新たな値引きやオプションを考える必要が出てきてしまいます。

そのため、即決してもらうことができれば、1番ラクということです。

しかし、結婚式場は数多くあり、それぞれが違った魅力を持っています。

人生の一大イベントでもある結婚式を、妥協せずに納得した会場で挙げるためにも、様々な会場を見学して比較することがおすすめです。

即決のデメリット②成約を取れたらその後の交渉がしにくい

式場の運営はビジネスなので、予約を埋めることが最優先です。

そのため、成約までは比較的費用の交渉もしやすく、「今決めればもう少し割引」ということもあります。

しかし、いざ成約してしまうと、キャンセルされることも少ないため、成約前よりも強気で交渉することができます。

つまり、カップルにとっては、費用交渉がしにくくなるのです。

成約する前に見積もりを細かく確認していれば良いですが、各種持ち込み料や人数の増減に伴う費用変更などの交渉がしにくくなります。

即決の場合、成約するまでに落ち着いて検討する時間がないため、費用面の交渉ができず結果的に高くついてしまい後悔することも。

セールストークを断りきれない

ブライダルフェアで数多くのカップルを接客してきたプランナーは、営業力が高く、セールストークも上手です。

「ほとんど予約がいっぱいだけど、たまたまキャンセルが出て大安の日が空いている」

「月に1度の特別キャンペーンで、今が1番お得」

など言われているうちに、段々とその気になってきてしまいます。

ただ、結婚式は両家の門出であり、両親の意見も重要です。

両親の意向も確認したい等と伝えれば、即決を迫ってくることも少なくなるので、困ったときは使ってみてください。

【体験談】結婚式場を即決して後悔 7万円のキャンセル料が発生

もりこま
私たちは、実はその場で成約してその後キャンセルして7万円支払った経験があります。

step
1
1件目のブライダルフェアで即決を回避

会場の雰囲気がとても気に入って、特に気になる点もなく、決めちゃおっかな〜という気持ちに。

ただ、金額感があまりわからなかったので、他の会場と比較することにして即決はしませんでした。

その後、ハナユメデスクで相談をし、いくつか会場をピックアップしてもらったので、いろいろ比較することに。

step
2
4件目のブライダルフェアで即決

4件目のブライダルフェアで会場の雰囲気が希望に合い、金額も抑えめの会場に出会いました!

予算内の素敵な会場は初めてだったので、良いなとは思いつつ、会場が地下で天井が少し低いということがネックでした。

しかし、即決だとお得だというプランナーさんの言葉につられ、その場で即決しました。

step
3
希望を完全に満たす式場に出会い泣く泣く7万円のキャンセル料を払う

成約したときは、決まった喜びとワクワク感に満ち溢れていたのですが、家に戻ってからどうしても懸念点が払拭できず・・・。

翌日、もともと参加予定だった別のブライダルフェアに参加すると

「金額」「雰囲気」に加えてネックだった「会場の開放感と天井の高さ」まで完璧な式場に出会いました。

キャンセル料が7万円発生するとわかっていましたが、悩んだ末に泣く泣くキャンセルしてこの会場にすることに。。。

満足のいく会場に出会えたのは嬉しいことですが、7万円のキャンセル料は痛かったです。。。

即決して後悔しないための式場選びのポイント

ポイント①最低2件は比較しよう!

これまで記載した通り、式場見学1件目で即決するのは、後悔してしまう可能性が大きいです。

そのため、少なくとも2件、できれば3件以上の式場見学に参加して比較をしましょう!

他の会場で見積もりを出してもらうことで、式場の相場もわかってくるので、1件目で即決をせずに比較するのがおすすめ!

実際に、3件以上まわって式場を決定したカップルの方が、満足度も高いという結果が出ています(ゼクシィ調べ)。

ブライダルフェアは1回約3時間程度であり、午前と午後で1日に2件まわることも可能なので、ぜひ複数の式場を見学してみましょう!

ポイント②1度持ちかえって見積もりを検討する

ブライダルフェアに参加すると、会場の雰囲気や広さ、設備をよく確認することができます。

これらのハード面については、百聞は一見に如かずで、見学の際に確認して感じたことが1番です。

しかし、費用面は別です。

ブライダルフェアでは見積もりを提示されますが、、必要な項目が全て含まれているか、相場と比較してどうなのかを検討する必要があります。

これは、目の前にプランナーが座っている状態だと難しいので、1度持ち帰って、冷静に検討することが必要です。

ポイント③プロに相談する

結婚式選びに慣れているカップルはいません。

なんでもそうですが、不慣れなことはプロに相談するのが1番です。

ハナユメの運営するハナユメデスクは、ブライダルのプロスタッフが無料で相談にのってくれます。

希望に沿った式場の提案ブライダルフェアの予約だけでなく、見積もりの確認式場とのやりとりの仲介までしてくれます。

自分たちにあった会場を見つけ、後悔しないためにも、プロの手を借りてみることをおすすめします!

私たちもハナユメデスクを利用して、納得のいく式場に出会うことができました!

 

\式場見学するだけで26,000円もらえる/

 

クリックするとハナユメのトップページに移動します

即決は後悔のもと!大事なことだからこそ慎重な判断を!

結婚式場をその場で即決してしまうのは、メリットよりもデメリットの方が多いです。

ブライダルフェアに参加しなれていないと、その場の雰囲気で深く考えず即決してしまいがちです。

しかし、実際に打ち合わせをし、準備を進めていくうちに「なんか違った」と後悔してしまったら、結婚式の楽しみが半減してしまいますよね。

2人の大事な結婚式だからこそ、慎重な判断が重要です。

即決せずによく考えたり、プロの力を借りたりと、後悔しないようによく吟味しましょう!

あわせて読みたい

よく読まれている記事

1

困る女性ゼクシィ見て良さそうだと思って、式場見学に行ったけどなんか違った! 仕事が忙しくて、式場を探している時間がない! 結婚式場はたくさんの種類や特徴があって選ぶのが難しいですよね。 「でも、一生に ...

2

オーディオブックは本を耳で楽しむことができる本の朗読サービスです。 手を使わないのでスマホや本を出すことすら厳しい満員電車の中や、食器を洗っているときなどに大活躍します。 私は通勤時間に、オーディオブ ...

3

困る女性オンラインフィットネスって、どこのがいいんだろう? 自宅で気軽にトレーニングができるオンラインフィットネスが流行っていますが、種類が多くてどれを選べば良いか迷ってしまいませんか? そこでおすす ...

© 2020 かっぷログ