結婚 結婚式場選び 結婚準備

ゼクシィとマイナビウェディングの違い・特徴やメリットを徹底比較!

結婚式を考えるカップルの強い味方である結婚情報サイト「ゼクシィ」と「マイナビウエディング」。

どちらもなんだか似ている感じがして、どちらのサイトが自分に合っているのか悩みませんか?

困る女性
ゼクシィとマイナビウエディングはどう違うの?  

結局どっちがオススメなの?
悩む女性

それぞれに、どのような特典がついているのか、自分たちの結婚式場探しにはどちらが合っているのか、迷ってしまうでしょう。

実際利用してみて、「ゼクシィの方がよかったかも」とか「マイナビウェディングの方がお得だった」と後悔しないようにしたいものです。

今回は「ゼクシィ」と「マイナビウエディング」を徹底比較し、メリットをたくさんご紹介していきます。!

ゼクシィとマイナビウエディング利用のメリット

結婚式場探しに必ずこのようなサイトを利用しなければいけないのでしょうか?

結論から言うと「必ずしも利用する必要はないが、利用した際のメリットは大きい」です。

「メリット」と言われると気になりますよね!

まずはゼクシィとマイナビウエディングを利用することで、どのようなメリットがあるのか解説していきます。

メリット①気軽に結婚式場探しができる

まず一番のメリットは「気軽に式場探しができる」ことです。

結婚式場は全国にたくさんありますし、すべての式場を見て回るのはほぼ不可能。

また、海外や転勤などの関係で地元ではないところで式をあげることになった場合など、知らない土地での式場情報は何もしなければなかなか入ってきません。

そこでゼクシィとマイナビウエディングを利用してみましょう。

憧れの式場の詳細や挙式できる地域の式場、クチコミなどの情報もその土地にいなくてもたくさん得ることができます。

特に今はコロナ禍で簡単には外出しづらい状況にあるので、ネットで気軽に調べられると助かりますよね。

そして、具体的な式場が決まっていなくても、リゾート婚やホテル婚など、挙げたい式のイメージからピッタリな式場を検索することも可能です。

メリット②お得な特典やキャンペーンが利用できる

ゼクシィとマイナビウエディングでは、それぞれ独自の特典付きキャンペーンが実施しされています。

例えば

  • 式場見学と写真投稿で44,000円分のJCB商品券がもらえる(ゼクシィ)
  • クチコミ投稿で最大11,000円分のアマゾンギフト券がもらえる(ゼクシィ)
  • 式場見学と成約で最大5万円分の電子マネーがもらえる(マイナビウエディング)
  • 指輪の購入金額によって最大10万円分の電子マネーがもらえる(マイナビウエディング)

といったようなキャンペーンです。

毎月キャンペーン内容や特典が変わるので、応募条件も含めてこまめにチェックしておくとチャンスを逃しません。

お得な特典をもらい、しかも楽しみながら式場探しが行えるのです。

メリット③結婚式前後に関する情報も充実

結婚に向けて話は進んでいるけれど、結婚式の準備や式後のことなど正直わからないことがたくさんあるのではないでしょうか。

ゼクシィやマイナビウエディングは、結婚式場のことだけでなく、結婚準備から新生活準備まで様々なノウハウや情報が盛り沢山に掲載されています。

例えば

  • 披露宴で使うペーパーアイテムの具体的なアイデアや作り方
  • ドレスや指輪のブランドやデザイン
  • 二次会の会場
  • 内祝いやネットショップの案内
  • 新生活のインテリアについて

など。

「こんなことまで⁉︎」なんて細かいところまで、不安だらけの結婚準備をサポートしてくれる頼れる存在なのです。

ゼクシィとマイナビウェディングそれぞれの特徴

ゼクシィとマイナビウェディング、メリットは似ているけど違う点がまだたくさんあるので、それぞれの特徴をご紹介していきます。

ゼクシィの特徴

ゼクシィの特徴を紹介します。

  • リクルート運営
  • 約2500件以上もの結婚式場を掲載している国内最大、利用者数No. 1サイト
  • 対応エリアは日本全国+海外リゾート
  • 結婚情報誌「ゼクシィ」発刊
  • 全国75か所の相談カウンター
  • 結婚だけでなく「ゼクシィ縁結び」「ゼクシィBaby」といった「誰かと一緒に生きる幸せ」を応援するサービスを展開中

よく知られているゼクシィは、さすがの店舗数なだけあって、サービス面だけではなく、サポート面もとても充実している印象です。

マイナビウエディングの特徴

マイナビウエディングの特徴はこちらです。

  • マイナビ運営
  • 約560件以上もの結婚式場を掲載しているサイト
  • 対応エリアは関東・甲信・東海・関西・九州・沖縄・北海道・東北・海外リゾート
  • 23店舗のマイナビウエディングサロンあり
  • キャンペーンの充実度が高い
  • LINE、メール、チャットでの相談も可能

ゼクシィに比べるとやや店舗数は劣りますが、キャンペーンの内容が充実しているようです!

徹底比較!ゼクシィとマイナビウエディングの違い

ゼクシィとマイナビウエディングそれぞれの特徴を確認したうえで、両者を比較していきましょう。

あなたがサイトを利用するうえで重視したい項目があれば要チェックです!

比較①結婚式場の掲載数

ゼクシィ約2500件 > マイナビウエディング約560件

掲載数ではゼクシィの方が多いです。

しかし、マイナビウエディングも十分な件数が掲載されているので、式場選びに困ることはないでしょう。

ホテル婚やリゾート婚、パーティー婚など、希望にあった様々なタイプの会場を見つけることができます。

比較②対応エリア

ゼクシィ全国 > マイナビウエディング関東・関西を中心とした24県

海外リゾート婚7エリア共通

(ハワイ、グアム・サイパン・ミクロネシア、バリ・アジア、オーストラリア・ニュージーランド、タヒチ・フィジー・モルディブ、ヨーロッパ、アメリカ・カリブ)

国内挙式の場合はマイナビウエディングだとエリアが限定されてしまうため、やはりゼクシィの方が強いといえるでしょう。

海外挙式の場合はどちらも差がなく、200件以上もの式場やチャペルが紹介されています。

比較③無料相談カウンター

ゼクシィ全国75か所 > マイナビウエディング32か所

            (店舗23か所+オンラインサロン9か所)

サイトではうまく見つけられなかった方や特別な要望がある方などは、無料相談カウンターで直接スタッフに相談することができます。

式場紹介件数もサイト掲載数とほぼ変わらないので、安心してプロと一緒に希望に叶う式場を見つけることができるでしょう。

また、ゼクシィもマイナビウエディングもWebやLINEなどを利用したオンライン相談も行っています。

なかなか休みが取れない多忙な方や、妊婦さんなど外出がしにくい方には、特に便利なサービスですね。

比較④独自イベント

ゼクシィとマイナビウエディングではそれぞれ独自のイベントが随時開催されているようです。

ゼクシィでは「ゼクシィフェスタ」「ゼクシィプチフェスタ」というイベントが開催されています。

このイベントではドレスの展示やショー、相談コーナーやエステ体験など結婚式を具体的にイメージできるようなコンテンツを楽しむことができます。

一方、マイナビウエディングでは「リゾート婚相談会」や「式場探し初心者さん向け相談会」などのお悩み解決相談会が多く開催されています。

女性やカップル向けのイベントが多い中、「失敗しないプロポーズマルシェ」という男性向けイベントが現在開催されていますよ!

コロナの影響で中止になることもあるので、しっかりサイトを確認しましょう。

比較⑤独自プラン

ゼクシィ ≒ マイナビウエディング

ゼクシィは「花嫁割」マイナビウエディングは「パッケージプラン」という独自プランが用意されています。

しかし、プランの種類は「少人数結婚式」や「フォト婚」、「直前割」などで両者とも似ています。

気になる式場がどちらにも掲載されている場合にプラン内容を比較していくと良いでしょう。

比較⑥キャンペーン

ゼクシィ < マイナビウエディング

ゼクシィもマイナビウエディングも様々なキャンペーンを実施しています。

式場探しや指輪探しなど、ある特定の条件を満たせば商品券などの特典がもらえるキャンペーンです。

サイトを利用するなら参加必須のキャンペーン

この特典金額が高い方がマイナビウエディングです。

例えば「指輪探しキャンペーン」を順番に比較してみます。

<ゼクシィ>

  1. エントリー
  2. 来店予約&来店
  3. アンケート回答
  4. 6000円分の商品券

<マイナビウエディング>

  1. エントリー
  2. 来店予約&来店
  3. 来店証明写真をアップする
  4. 7000円分の電子マネー指輪を購入

さらに電子マネーがもらえる

独自イベント参加でも商品券がもらえるため、キャンペーン充実度はマイナビウエディングの方が上だと言えるでしょう。

比較⑦サイトの使いやすさ、情報量

ゼクシィ ≒  マイナビウエディング

ゼクシィもマイナビウエディングも同じようにエリアや式場、プランなどから絞り込み検索ができます。

また、式場情報だけでなく結婚準備マニュアルや新生活のこと、保険のことまで情報も盛り沢山!

困ったことがあればまずサイトを覗いてみると解決の糸口を見つけることができるでしょう。

比較⑧結婚式場写真の見やすさ

ゼクシィ ≒ マイナビウエディング

ゼクシィは写真が大きく見やすいのですが、1式場に掲載されている写真数はマイナビウエディングの方が多いです。

ゼクシィは写真だけでなく、約1分程度の「ゼクシィムービー」で式場紹介がされています。

マイナビウエディングではパノラマビューで「バーチャル見学」できる機能が新登場!

拡大したり360度パノラマを自在に見ることができるので、その場にいるような臨場感と会場の雰囲気が楽しめます。

比較⑨結婚式場の探しやすさ

ゼクシィ ≒   マイナビウエディング

どちらも基本的にはエリアや挙式スタイル、会場のタイプなどから絞り込んで探していきます。

ゼクシィはクチコミ情報の多さから、「体験者レポート」から会場を探すことも可能。

「趣味にちなんだテーマ」や「ゲストにちなんだテーマ」など様々なテーマから気になる式場を探すことができます。

一方、マイナビウエディングには「ウェディングフォト診断」という機能があります。

ランダムに並べられた10枚写真の中から自分が気になる写真5枚をピックアップすることで、イメージキーワードから候補式場を探してくれます。

自分が挙げたい式のイメージに迷ったときは、遊び感覚で試してみましょう。

比較⑩アプリの有無

  • ゼクシィアプリあり 
  • マイナビウエディングアプリなし

アプリのメリットはちょっとした隙間時間にも手軽に情報集めができること。

残念ながらマイナビウエディングには専用アプリがありません。

時間を有効活用したい方は専用アプリがあるゼクシィの方が便利に使えそうです。

ゼクシィとマイナビウエディング利用のデメリット

ゼクシィとマイナビウエディングを利用するとメリットも多いことがわかりましたね。

では逆にデメリットはあるのでしょうか?

解決策と一緒にご紹介します。

デメリット①情報量が多すぎて迷う

メリットの1つでもある情報量の多さ。

情報が多いと悩み解決や比較ができる一方、たくさんある中で1つを選ぶ式場探しなどは結局どうしたらいいのか迷ってしまうのもよくあることです。

そんなときは相談カウンターやサロン、Web相談などでプロに直接聞いてしまいましょう!

「何月頃にあげたい」「こんなイメージの式にしたい」など要望をまとめておくと、伝え忘れを防ぐことができますよ。

デメリット②サイトにより割引率や特典内容が違う

やはり企業同士の競争もあるため、独自のアイデアで利用者を増やしたい思いがあります。

利用者側は割引率や特典内容をきちんと理解することが大切です。

比較したり複数のサイトを活用することでさらにお得になることもあるでしょう。

少し大変かもしれませんが、最終的にメリットに繋がる可能性も秘めています。

ゼクシィとマイナビウエディング、どちらを使うべき?

結論は両方!

まずは対応エリアと式場掲載数の多いゼクシィをチェックします。

気になる式場が見つかれば、マイナビウエディングにも載っていないか確認しましょう。

あとはどちらがよりお得か検討していくだけ。

それぞれの良いとこ取りをした使い方がいいのではないでしょうか。

ゼクシィとマイナビウエディングの違いを知って賢く利用しよう

今回比較をしてみて、対応エリアと式場掲載数が多いのはゼクシィ、キャンペーンに強いのはマイナビウエディングだということがわかりました。

分からないことも多い結婚準備を進めていくために、どちらもとても便利で役に立つサイトです。

その分、情報量が多くて迷ってしまうこともあると思います。

そんな時は、自分たちの希望する式場のイメージだけでも決めておくと選びやすくなるでしょう。

ゼクシィ、マイナビウエディングの、それぞれのメリットを比較してみて、自分たちに会った式場探しを進めるのがおすすめです。

この記事をぜひ参考にして、自分の希望に合った結婚式場を見つけましょう!

よく読まれている記事

1

困る女性ゼクシィ見て良さそうだと思って、式場見学に行ったけどなんか違った! 仕事が忙しくて、式場を探している時間がない! 結婚式場はたくさんの種類や特徴があって選ぶのが難しいですよね。 「でも、一生に ...

2

デートって楽しいけど意外とお金がかかりますよね。 困る男性食事代に交通費にカラオケ代に・・・・ 1回のデートの平均費用は8000円くらいと言われています。 最近はコロナの影響で自宅にいることが増えまし ...

3

困る女性オンラインフィットネスって、どこのがいいんだろう? 自宅で気軽にトレーニングができるオンラインフィットネスが流行っていますが、種類が多くてどれを選べば良いか迷ってしまいませんか? そこでおすす ...

4

サブスク音楽配信サービスは毎月決まった金額を支払うことで、音楽が聴き放題なサービスです。 CDや1曲ずつ購入するのと比べて非常にお得に音楽を楽しむことができます。 しかし、今は音楽のサブスクサービスが ...

© 2021 かっぷログ